FC2ブログ

鈴木麻紀の油絵とリトグラフと…Vol.1

鈴木麻紀の油絵とリトグラフと…Vol.1

Category [ギャラリー セピアシリーズ ] 記事一覧

スポンサーサイト

プレセンテ

店先に色とりどりの花々が所狭しと並ぶ中、両手いっぱいに荷物をもち、運ぶ人や水やりをし花の手入れに勤しむ人、愛犬の散歩に励む人、そして、そんな人々を包むかのように、背景には「良い味」を出している建物が並ぶ、この「プレセンテ」♪描き始めは、水々しい野菜達を描くつもりでした。・・・が、気が付くと何故か沢山の「花・花・花・・・」次回描くときは、そう!市場かスーパーマーケットにしよう(^0^)♪F4号 2006年製...

フランジア

2003年に描いた「ハーモニーガーデン」を元に描いたフランジア。背景には、小さく描かれた緑と赤の人、そして影がポイントとしております。手足を細く伸びやかに描き切ることで、画面から音楽が聞こえてきそうな、空気感を大切に・・・・そして、白の木々を置くことで、天地の広がりと高さを基調いたしました。ベース色は、私作者がこよなく愛する「スーパーマルスオレンジ」色。黒系の額縁に入れることで、より一層絵画全体が甘す...

百恋歌

始まりは、画面いっぱいの桜色から描き始まった、この「百恋歌」。描き込みが進むにつれ、次第に背景には高層ビルが立ち並ぶ夜景・・・・そこから、飛び出した一軒のバー・・・バーの中では、女を物色する男。そして男を取り囲むように眺める女。画面中央の大きく描かれた女性は、同じ彼女の外見と中身を同時に表現しております。娼婦の女を描いたのは、これで第2作品目。娼婦でありながらも威厳ある気高い女性を表現し、物語性を...

アクシスinソーホー

「眠らない街=N・Y」というより、私作家の中にはロフト・ジャズの「熱いパワーと勢いが交差する街=N・Y」という印象があります。その名もソーホーエリア。現在は、ギャラリー街からブランドショップ街へと転向してしまったようですが・・・・・・、「THE☆ジャズ・ライフ!」当時は、そんな代名詞が色濃く残っていたようです。アメリカ南部の黒人音楽とカントリーミュージックが融合して出来た、ブルース等も、この街から誕生した...

AGAIN~アゲイン~

細い手足をあらわに伸ばし、正面から見据える女・・・・・。どこなく幼く、幻想的にすら映るのは細部に至るまでデフォルメし、表情と仕草とが、まるでマッチしていない、この未完成さからくるのもでしょう。使用した絵の具の数は、たったの4色。紅のドレスには、私作家がこよなく愛するクリムゾンレーキと、チャイニーズレッドの2色を使用しております。ハガキサイズ 2008年製作油彩画 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。