鈴木麻紀の油絵とリトグラフと…Vol.1

鈴木麻紀の油絵とリトグラフと…Vol.1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル&ユーロ

2011年9月26日(月)



皆さま。1週間の幕開けです。唐突ですが、本日は『麻紀ブログ~うんちく巻~』にて展開致しております(^-^)b



近日。円高が進み→現在では1ドルが76円台後半。続いてユーロも対円で上昇となっております。



輸出産業中心の日本にとっては、危機的状況…といったところで、過日。日銀が介入し、一時的に80円台になったり…しました事も、記憶に新しいところです。



国内での製造コストが、どうしても高くなってしまうので、国際競争のためには、海外に出るしかなくなり…国内産業の空洞化が懸念されてもしております。



また…アメリカ等に、輸出する場合。日本円ベースで値段を決めれば、ドルでの値段は必然的に高くなるので…結果、売れなくなってしまうとかm(__)m



ドルベースで値段を決めれば、日本円にした時に、売上にならない…といったことも出てきます。



しかし、世界的にエネルギー資源や穀物類が、高騰している中で→そういった円高のおかげで、日本はまだまだ救われている部分があることもたしかです。



また、心躍らせる海外旅行も同じことです(^-^)/



今回の円高は、対米ドルだけのはずが、ギリシャやイタリアなど欧州諸国の財政問題により、ユーロまでもが急落していますし…m(__)m



航空会社・路線によって金額は異なるものの、燃油サーチャージ額も昨年の同時期よりは、比較的割安なことも言うまでもありませんm(__)m

 

そんな意味では、円高メリットは十分得られそうな我が国・日本。



また、海外事情等にお詳しい方でしたら、両替1つ取りましても→日本の銀行と諸外国の両替所とでは、換金額に大きな違い(差)が、あることも充分に『判る』ところかと思いますが(^^ゞ



特に欧州旅行等では、近日。日本で両替して行かれた方がお得なことは間違いがなさそうですm(__)m



いずれにしましても、情報化社会大国でもある我が国・日本。情報に呑まれてしまう前に、いつになったら・・・復興資金が、被災地の皆さま方に、平等に配金されていくのでしょうか。



それこそが、各財政問題等の大きな発展に繋がることかと・・・私は思うのですが・・・。






スポンサーサイト

Comment

No title 

おまじないですか?
  • posted by NONAME 
  • URL 
  • 2011.09/26 23:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。